お金を借りたい学生のためのローンがあるのか?

 

学生のためのローンはあるの?

学生もお金を借りたい時はありますよね。学生がお金を借りるといえば、奨学金制度がありますが、
それでもお金が足らずに生活に困った場合に、学生でも借りられるローンはあるのでしょうか。

 

大手の消費者金融会社では、20歳以上であれば借り入れが可能で、
未成年の借り入れには保護者の同意が求められます。

 

 

■学生の借り入れは可能?

 

学生だからといって、借り入れができないわけではなく、条件を満たせば可能です。

 

  • 20歳以上
  • 安定した収入
  • 審査基準を満たしている


 

収入といっても、学生さんの収入源はアルバイトです。
アルバイトをしていれば、借りられる場合もありますが、その場合はすぐに辞めてしまうことのないようにしてくださいね。

 

返済できない金額を借りないことも大事です。
学生時代の返済履歴が残り、社会人になっても消費者金融の審査が通りやすいというメリットもありますし、クリーンな返済計画を立てるスキルもつくでしょう。
お金を借りることは決して悪いことだけでははありません。
「お金の勉強」ができるという意味では、若いうちにお金を借りるという経験は良いことなのかもしれません。

 

 

学生ローンでも高校生は不可

学生のためのローンはあるの?

学生ローンと言えば新聞配達をしながら学校に行く、「新聞奨学金」という制度があります。

 

新聞奨学金を使って学校に通っている高校生は存在しますし。
大手の新聞社の奨学金制度が1番健全ではないでしょうか。

 

そのほか、公的な機関からお金を借りる以外は金融会社での借り入れやクレジットカードを作ることさえも
高校生の段階では親の承諾なしには出来ません。
どの銀行のカードローンでも消費者金融でも未成年の利用は保護者の同意がないと借り入れができません。
法律できめられていますから、闇金に手を出さない限りはこれ以上の抵抗できないでしょう。
稀に「高校生OK」の学生ローンやフリーローンがあった場合、100%違法な営業をしている闇金の存在を知っておきましょう。

 

 

高校生が父親のクレジットカードを使って例えばオンラインゲームの過剰な課金をしてしまう事例を耳にすると、
高校生が第三者の名義でお金を借りる行為はトラブルになりやすい傾向が考えられます。
お金をを借りたいけどクレジットカードは作れない。親の名義のクレジットカードでやりたい放題の状態になるのは危険です。
そんなリスクを回避するための方法は「デビットカード」を利用することです。
デビットカードは銀行の口座から使用した金額を引き落とすカードのことで、財布がなくてもキャッシュで払えるという機能が付いています。デビットカードはクレジットカードのようにキャッシング機能がないため、高校生が利用しても問題はありません。
「お金を借りたい」高校生なは物足りないかもしれませんが、自分名義の口座にある金額から物を買えるため、借金を作るリスクは少なくなるでしょう。

 

高校卒業するまでは、デビットカードやスマートフォン(Android)が財布代わりになる「FeliCa」を使ってお金の知識を得るのも良いかもしれません。

 

 

 

利息がつくことを頭にいれて!

個人の貸し借りでは1万円貸したら1万円を返すのが一般的です。
消費者金融でお金を借りるということは1万円を借りたら1万円では返せないということを覚えておきましょう。

 

利息は会社が定めた手数料のようなもの1万100円を払うこともあれば、1万1000円を払う場合があります。
このことを踏まえて、学生のうちは利息がない金融会社に申し込んだほうがリスクを軽くすることができるでしょう。

 

お金を借りたいと考えている学生が安心して借りられる金融会社は大手が信用できますし、返済内容もしっかりしています。

 

おすすめ申請カードローンの「レイク」

・年利率4.5%〜18.0%

 

・借り入れ金額1,000円以上

 

・借り入れ金が5万円以内であれば、契約日の翌日から180日間は無利息

 

・アルバイトOK

 

・提携ATMはセブンイレブン、ローソン サークルKサンクス、ファミリマート、デイリーヤマザキなど

 

・ゆうちょ銀行、イオン銀行

 

・保証人不要

 

有名なアコムやプロミスにも無利息ローンはありますが、どちちらも契約日から30日間と期限がついています。
30日以内の返却で、かつ初めての借り入れの場合にはプロミスも良いかもしれません。

 

無利息なのは初めだけ

無利息で借りられるのは最初だけです。お試し期間ととらえてください。
2回目以降から利息付きの返済額になるので「無利息」に踊らされて若い時から借金地獄にならないようにしたいですね。

 

 

お金の貸し借りはリスクを伴うもの

銀行や消費者金融で借りる場合には利息がかかりますし、
親や友人から借りる場合でもお金の貸し借りには、リスクがあることを頭に入れておきましょう。

 

■お金のやり取りは家族でも他人
安全にお金を借りたい場合、親から直接お金を借りるのが1番です
「親でも他人と思え」の言葉がある通り、お金のやり取りには親でも慎重になる必要があります。
「親しき人仲にも礼儀あり」と言葉があるように、親からお金を借りたいと思う場合でも、その理由と、その使い道、そして返済のプランを明確にプレゼンする必要があるでしょう。

 

 

自分の体験を言うと、無職の時にとある国家資格を取得したいと思い、親に資金を借りました。
親との約束事項は以下の通りです

 

・資格の費用は20万円

 

・1年で試験を合格する

 

・仕事が見つかり次第月に5,000円ずつ返済する

 

・返済額をあげて1年間の返済を目指す

 

・その間はクレジットカードは親に預ける

 

・他でお金を借りない

 

・旦那または妻に借金したことをきちんと話した上、パートナーの力は一切借りない。

 

自分で考えた返済プランを実行するために、2年半で親に借りたお金(20万円)を返済しました。

 

自分で考えた場合、責任もでてきますし「この道しかない」と追い込みが自分を動かす原動力になったこと。

 

汗水たらして稼いだ親のお金を無駄にしないためという意識と「貸したことに意味があった」と思わす覚悟は示しさないと親は我が子といえ、そう簡単にお金を貸してくれないでしょう。

 

口約束だけでは曖昧になる可能性があるため、簡単な契約書を作成する手もあります。
お金を借りたい理由とか親が聞きたいところを曖昧するのは良くありません。
連帯保証人になっていれば尚更です。
親にお金を借りるのは1回だけ!と決めておけば2回ないと思うでしょうし、「親は子供のATM」と勘違いされない手段として心を鬼にしてお金の貸し借りのやり取りを臨むべきではないでしょうか。
また、100万円以上のお金の貸し借りは、贈与税が発生する場合があるため、 100万円以上の貸し借りには利息と返済期間を設けておくと良いでしょう。

 

 

誠意が大事

 

親にお金を借りたい時は、それなりの覚悟と返済プランを確定する必要があること。

 

  • 家族ゆえの甘えは禁止
  • お金を借りたことへの結果と誠意を見せる

 

この2つを実行できない人は親よりも第三者の期間にお金を借りた方が良さそうです。
消費者金融から借りても、親から借りてもどちらも「支払い能力」の有無は問われること。身内のお金のトラブルほど深刻なものになることを踏まえて行動しましょう。

 

トラブルに巻き込まれないために

お金の貸し借りにはリスクが伴います。
学生さんの中には友人間での貸し借りをされている方もいらっしゃると思います。
トラブルを避けるためにもいくつか頭に入れておいてほしいことをまとめてみました。

 

友達とクリーンに付き合うために

お金の貸し借りは「お金返っててこない」覚悟で!

 

限度額を決めておくのもひとつの手です。
500円ないし1,000円以内の交通費などであれば、あげる気持ちで貸してあげるのも良いかもしれません。
しかし、それ以上の額であれば、たら「私が貸してほしい状態」と言ってきっぱり断るようにしましょう。
もしそれが原因で、「あんたは最低!」と言われてもそれまでの仲だったということです。
友達との関係が切れても諦めがつくというもの。「お金の貸し借り」だけは友達ほどシビアでないといけないのです。

 

逆に自分自身がお金を貸してほしいという時もあるでしょう。
その場合には必ず「お金を返す」ことを前提に話をするようにします。
友達は「親しい他人」であること、決して自分の都合の悪い時に利用する存在ではありません。

 

 

お金の切れ目は縁の切れ目という言葉があるように、お金に困っている人のそばに居たくないもの。お金を借りる人の誠意を行動で示さないと、誰からも信用されなくなる人として孤立してしまいます。
自分の行動と友達に対する感謝の気持ちがない人は消費者金融での借りた方がメリットは高いでしょう。